過払い金返還請求 (不当に得た利益を返しなさいという請求をします)

消費者金融やクレジット会社からお金を借りると,20%を超えるような利息になっていることがあります。実はこの利息は利息制限法に違反しているのです。利息制限法の上限利率を超えている場合は,不当に取られていた利息分を元本へ充当するための利息再計算を行い“不当に得ていた利益を返還して下さい”と請求します(=不当利得返還請求権の行使)。

過払いに対する動き

近年貸金業者の経営状況が急速に悪化し,経営が立ち行かなくなり突然倒産するような貸金業者も珍しくありません。突然倒産する,事務所が閉鎖される,などで請求していた過払い金が返却できないというような業者もあり,貸金業者と言えども経営は厳しいようです。大手の消費者金融を相手に過払い金を請求したところ請求した額が支払いできないと言われることも。
いままで不当に得ていた利益である過払い金の返還請求が多くなり過払い請求が多くなればなるほど消費者金融の経営を圧迫しているのは間違いありません。
貸金業法が改正され,原則年収の1/3までしか貸し付けが認められないという総量規制が始まっています。貸金業者も改正法の完全実施に備,借入時の審査を厳しくしています。借入と返済が家計の収支に入っているような方は思ったような借入ができなくなり,家計が厳しくなるかもしれません。また法改正によって金利の上限が引き下げられ,経営はますます厳しくなることが予想されています。規制の強化に伴って,貸金業からの撤退や縮小が進むでしょう。過払い金があるかもしれないという人は早めに請求し,取り戻しましょう。

このページの上部へ