グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは何でしょう。利息制限法ではこのように上限利息が定められています。

  • 元本が10万円未満の場合:年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
  • 元本が100万円以上の場合:年15%

下の図を見てください。

利息制限法では,貸し出す額が10万円未満であれば,年で20%までの利息しかとってはいけない事になっています。しかし,仮に20.1%以上の利息を受け取ったとしても罰則がありません。

また,貸金業規制法という法律により,一定の条件を満たすことができれば,利息制限法を越える利息設定も有効となると定められています。

出資法による上限金利は年29.2%で,これに違反した場合は刑事罰の対象となります。
出資法に定める上限金利を超えて利息の契約をすると,貸金業の登録取消・業務停止等の制裁が課されるためこのぎりぎりまで上げた利息を設定しているのです。

利息制限法の場合上限金利を超える利息を取得しても罰則規定がないので,金融業者は刑事罰のある出資法での上限金利を超えなければ大丈夫。と利息制限法を超える金利で貸付を行っているのです。グレーゾーンとはこの出資法に定められている利息の上限金利と利息制限法に定められた利息の上限金利との間のことをいいます。

多くの消費者金融やクレジット会社のキャッシングは,この法律の抜け穴を使ったグレーゾーン金利内に設定されているのです。

このページの上部へ